医師求人サイトを利用して年収を大幅にアップする転職に成功

開業医であった祖父のあとを継ぐために

開業医であった祖父のあとを継ぐために | 信頼される医院の開業を目指して行きたい

出身地の東京から離れ、地方の公立医大に進学して憧れの医師免許を取得することに成功しました。
幼い頃からの夢であるとともに、開業医であった祖父のあとを継ぎたいという思いが強く、必死に努力した成果であったと感じています。
その後は付属大学病院に研修医として勤務を数年間続けていました。
自分の医師としての資質を高めたいことと、最先端の医療業務に携わることに喜びと誇りを見出していたからです。
しかし勤務内容は大変な激務である上に、給与水準はそれに見合ったものとは言い難いものでした。
自分が勤務していた部署は救急外来で、基本的にまともに休むことのできる充実はないに等しく、寝ている間も食事をしている間も急な呼び出しが発生することもしばしばあり、大学病院の近くに借りていたマンションとの往復だけの日々でした。
その当時の年収は額面でおよそ600万円ほどであり、もちろん同世代の平均値から比較すると高い方ではあるかもしれませんが、医師という肩書があり勤務時間の長さから考えるときわめて低い水準であると感じていました。
実家の病院は祖父が亡くなってから建物を取り壊してしまっていたために、新たに自分で開業するのにも大きな金額が必要となるため東京に戻ることについてかなり悩んだのですが、昨年の春頃から医師求人情報を本格的にチェックするようになり、東京に戻って給与水準と勤務条件の良い病院への転職を考えるようになりました。
希望する年収は最低でも1,000万円以上は外せないこと、勤務条件は休日が確保されており実家から通勤することができる範囲になること、自分の専門である消化器系のスキルを最大限に活かすことができるなど、かなりの細かい条件で探すことにしましたが、幸運にもほぼ条件に近いクリニックが開院するという情報を求人サイト医師ジョブ上で発見して応募することを決めました。
提示された年収は基本給で1,200万円と、希望金額を大幅に超えるものでしたし、休日についても基本的に土日がベースとなっている点、夜間当直などの担当にはならないことと、かなり理想的でした。
自宅からも電車で約50分という距離であったために迷わずに応募することにしました。

医学部 予備校医師の求人【福岡・東京〜各地のアルバイト/非常勤/日直/当直/健診】ならイーネーベン